家づくりの流れ

ギルド・デザインは1993年の設立から、
長く住まいの設計にたずさわってきました。
多くの建主さんと、おつきあいをさせていただく中で思うことは、
本当にみなさん、生活することに違った考え方をもたれ、
好みのデザインもまちまちだということです。

お打合せの最初から、
家族のための住まい方がわかってらっしゃる方も少なく、
図面やスケッチ、模型、打合せを通して、
気づいていかれる方が多いと思います。

建築家との家づくりは、
そのことに気づきながら、ひと家族にひとつの家づくりをしていきます。
そのような家づくりがどのように進んでいくかをお伝えします。

リフォームであったり、店舗、クリニックなどでは少し違ってきますが、
住宅の新築の場合をまとめてみました。

ご相談、面談
まずは、問合せフォームやメール、お電話でご連絡ください。
新築でもリフォームでも、疑問に思っておられることをお話しいただき、ご相談に応じます。
家づくりをお考えの場合も、われわれとの相性のようなものを見ていただく場です。
契約、基本計画
 3週間~1ヶ月
面談の後、設計契約を結ばれる方もいらっしゃいますが、
多くは設計契約前にプランを希望されます。

どちらにしても、住まい方やデザインのご要望をうかがい、敷地、法規を確認し図面と模型かスケッチによるご提案をします。
*ご契約されていない場合は、提案料として5万円(税別)をいただきます。

基本設計
 2~3ヶ月
基本計画に対して、または、ギルドデザインの設計スタンスを気に入っていただければ、基本設計に入る前に設計監理契約を結んでいただきます。

ここでは、基本計画を見直し、調整、変更などを加えながら、
生活の仕方、建物の形、およその仕上げ、構造、設備などを決めていきます。

概算見積
 1ヶ月
基本設計でまとまった案に対して、施工会社1~3社程度に概算見積をお願いし、1ヶ月予算をにらんだ計画の規模、仕上げレベルなどの確認とします。
実施設計
 2~3ヶ月
計画の方向性が固まったところで、工事に使う詳細な図面を描いていきます。
何回かの打合せをして、窓の大きさ、ひとつひとつの仕上げ、照明器具、キッチン、収納家具など決めることで、施工会社もちゃんとした見積書がつくれます。
工事見積
 2~3ヶ月
3社、または1社の信頼できる施工会社を選定し、見積を依頼します。提出された見積に対して、私たちが査定をおこないます。

見積金額が予算を超える場合は、プランの見直しなどの調整をします。その上で、適正な施工会社をお勧めします。

工事金額をご了解いただいたら、私たちの立会のもと、工事契約を結びます。

確認申請
概ね、工事見積期間に、確認申請書類を作成申請手続きを進めておきます。
コンクリート造や鉄骨造の場合はこの期間が長く必要になります。
設計監理
 5ヶ月
工事期間中は、設計図面通りに工事がおこなわれているか、仕上げや工期など、工事の状況を確認し、建主に報告をします。

現場では週1回程の現場会議をおこない、詳細部分の打合せをし、不具合がみつかれば是正を求めます。
最終的な色決めや、仕上げ材、一部設備などもこの段階で、建主の方にも現場に来ていただき、広さなどを確認していただき、決めていきます。

竣工検査、引渡
工事完了後、
確認審査機関による完了検査、ギルドデザインによる設計事務所検査を行い、設計図書や打合せどおりに、きちんとできていることを確認します。

その後、建主による施主検査をお願いし、すべての手直し工事が完了しご確認いただいた後、引渡となります。

1年検査~
お引渡の1年後に、施工会社とともに1年検査に伺い、
不具合に対しての対策、手直しをおこないます。

1年を待たずに、気になる部分をご連絡いただいても構いませんし、何年後であっても、ご連絡いだだければ伺っています。