03
24
 基礎のコンクリート打設と現場打合せ

お手伝いしているつくばの特別養護老人ホームの現場打合せに行ってきました。

木造の平屋ですが、建築面積が1200㎡を超えているので、基礎の面積は、なかなかの大きさです。
建設会社は、木造もよくなさっている地元では大手のゼネコンですので、現場打合せの準備も行き届いていて、現場での意匠、設備それぞれの担当者同士の打合せから、施主打合せまで、スムーズに完了しました。

この日の現場は、基礎の立ち上がり天端の均しです。
基礎の天端には、土台をのせて、柱を立てます。
基礎の天端が凸凹していると、水平に敷かれる土台が基礎と密着せず、建物の荷重をしっかりと基礎に伝えにくくなります。
特に、この現場は基礎断熱なので、床下は断熱的には室内側です。
基礎天端と土台にできるだけ隙間がないように、基礎天端は平らに均しておく必要があります。
さらに、土台を敷く前には、気密性を上げるため、パッキンをかまします。

昔は、左官屋さんが、鏝を使って、モルタルの天端均しをしたものですが、いまはレベラーという水のようなモルタルを使って、天端の水平を作ります。
写真は、職人さんがレベラーを流しているところです。

現場打合せの帰りに、少し雨が降ってきました。
せっかくレベラーで均した天端が荒れてしまったのではないかと、少し心配しながらの帰途でした。

02
4
 特別養護老人ホーム 地鎮祭、配置とGLの確認

昨年から設計をお手伝いしていた特別養護老人ホームの計画が、地鎮祭を迎えました。

特別養護老人ホームという建築は、ギルド・デザインにとっては初めての計画でしたので、先輩建築家のお手伝いをさせていただきながら、随分と勉強させたいただきました。

計画は、木造の平屋です。
郊外の老人ホームとしては、大きな方ではないかもしれませんが、平屋で、1250㎡を超える計画です。さすがに敷地もひろいのですが、建物の地縄が一度には見渡せないほどです。

不整形な敷地に対して、計画建物は、敷地の境界とどこにも平行部分がない配置計画です。
縄張りは、さぞかし大変だったことだと思いますが、大きな建物をやり慣れている業者さんは違いますね。テキパキとトランジットで配置の確認も済ませることができました。