12
9
 スタンド先行オープンです

松戸のガソリンスタンドの正式名称が「koba☆sta」と決まり
今週、先行オープンいたしました。しばらくは会員様限定の営業となるようです。
整備工場は未だ付帯工事が残り、追って完成となる予定です。
スタッフの皆さんがクリスマスの飾り付けをしています。
多くの方に親しまれるスタンドになってくれればと願っています。


カテゴリー: 松戸SS

2010年12月9日

10
27
 足場解体

建物全体を覆っていた 足場が撤去されました。
大きなキャノピーの天井も綺麗に見えます。
円形のトップライトと丸い天井が優しく、ロートアイアンのガゼボと合わせてスタンドらしさを消していると思います。
工事は少し遅れ気味ですが、これから急ピッチに最終仕上に取りかかります。
写真はキャノピー天井の昼/夜の様子です。


カテゴリー: 松戸SS

2010年10月27日

09
22
 キャノピー仕上

スタンドの大屋根(キャノピー)の仕上です。
トップライトと天井化粧パネル+ガルバリウム板金仕上が取り合います。
支柱の円柱にはタイルが貼られ、着々と仕上がっていきます。
他の棟も並行して完成に向かっています。


カテゴリー: 松戸SS

2010年09月22日

08
18
 10月中旬オープン

現場は少し遅れ気味ですが、仮囲いに「コバスタ10月中旬オープン」という垂れ幕がセットされました。
ここから仕上に向けて急ピッチで進めていただきたいと思います。
タイルを貼る円柱とトップライトの取合い、キャノピーの軒先下地など、手間の掛かる納まり部分は随所にありますが、各職方の技を発揮していただきたいと期待しています。


カテゴリー: 松戸SS

2010年08月18日

07
29
 仕上に取りかかります。

鉄骨の建て方、外壁下地の胴縁の取付も終え、いよいよ仕上げ段階に入ります。
先ずは屋根から、大屋根は緑青色のガルバリウム、待合いはメタリック新茶
(ダークブラウン)です。
トップライト、間接照明など難しい納まりもありますが、皆さんの頑張りで
綺麗に仕上がっていくものと期待します。
現場はステージ足場も組まれ、準備が整いました。


カテゴリー: 松戸SS

2010年07月29日

07
7
 3棟立上がりました

3つの棟の鉄骨が立上がりました。
これで全体のボリュームが具体的に見えてきます。
キャノピーの軒先下地も部分的に仮付けされ、こちらも大屋根の雰囲気が伝わってきます。
未だ、最終仕上げの素材と色に迷いもありますが、全ての設定を今月中には決めていかなければいけません。
これまでに無いスタイルを模索するのは、思った以上に難しいものです。


カテゴリー: 松戸SS

2010年07月7日

07
1
 進む建て方作業/製品検査

3棟の鉄骨が順番に立上がっていきます。
今回は、待合い棟、円形の屋根梁が綺麗に出来ています。
キャノピー(大屋根)の軒桁がやはり曲線を描いて形作っています。
7月初めには最後の整備棟も建て方をし、また、キャノピーの
軒先金物も仮付けし、全体像が見えてくると思います。
鉄骨製品検査は現場監督、構造設計とともに行いました。


カテゴリー: 松戸SS

2010年07月1日

06
23
 キャノピー上棟

このスタンドは3つの建物で構成されています。
SSの中心である大屋根のキャノピー/お客様の休憩と事務所のある待合い棟
それに車の整備をする整備棟です。
今週は写真のキャノピーと引き続き待合い棟を棟上げします。
骨組みの状態だけでは、仕上がりのイメージもつかみ難いですが、
円柱周りのトップライトになる部分など、今から仕上の最終形を想像し創り込んでいきます。

カテゴリー: 松戸SS

2010年06月23日

06
19
 鉄骨製品検査

鉄骨の製品検査です。構造担当の設計者と成田の先にある鉄骨製作工場へ伺いました。
メインフレームの円柱/コラム柱の寸法確認と、溶接箇所の超音波探傷試験に立ち会います。
製作に問題は無く、軒先の曲線を描く役物加工に作業は取りかかっています。
来週開けには建て方の予定ですので、やや忙しい工程ですが、間に合いそうです。


カテゴリー: 松戸SS

2010年06月19日

06
9
 地下タンク配管終了/別棟基礎工事着工

地下タンクの配管が終了し、消防の検査も終え、埋め戻しています。
同時に他の棟の基礎工事も始まり、本日は配筋検査を行いました。
今月20日過ぎには鉄骨の建て方が始まり、施設の全容が現れる予定です。
最終仕上に向けて、全体のデザインを再度確認し、詳細の決定を重ねていきます。


カテゴリー: 松戸SS

2010年06月9日

05
7
 地下タンク設置しました。

ガソリンスタンドの地下には、当然のことながらガソリンを貯蔵する大きなタンクが埋められています。
本日は、そのタンクの設置、埋設工事です。
FRP製の48㎘タンクは全長およそ12m、直径は2、4mあり、それを2本所定の位置と深さに設置します。
消防署の立会い検査もあり、夕方には設置完了しました。


カテゴリー: 松戸SS

2010年05月7日

04
28
 地下タンク工事

地下タンクを埋設する為に、約4mの深さにコンクリートの耐圧版を打設します。
シートパイルで山留めした内部を掘り下げ、地業の上耐圧版が施工されました。
スパイラル管が立っているのは、上部の地下タンク上部の蓋となる土間コンクリートの支柱となります。
この支柱の間にFRP製のタンク2基を納め、周囲を砕石で充填し埋設していきます。
ガソリンスタンド特有の工事風景と言えます。

カテゴリー: 松戸SS

2010年04月28日

1 / 212