01
22
 「猫と暮らす小さな家」が雑誌掲載されています。


「猫と暮らす小さな家」が、現在発売中の建築知識2月号の特集「20歳までネコが元気に長生きできる住まい」に掲載されています。
「建築知識」は、普段は建築に携わる専門家が読む情報・技術の月刊誌ですが、今回はネコが長生きできるための住まいがテーマで、ネコを愛する一般の方、ネコとの住まいを計画中の方々が、見ていただいてもとても参考になる内容になっていると思います。
「猫と暮らす小さな家」は、ご夫婦お二人が愛猫と暮らす狭小敷地に建つ小さな住宅ですが、高気密高断熱で、地下室の蓄熱暖房機と、2階の天井と地下室とを循環させるファンによって、省エネで住まいのどこにいても暖かい環境を実現しています。

特集では、P29で温熱環境のこと、P45でハイサイト窓や猫階段などのことが紹介されています。

「猫と暮らす小さな家」の竣工写真はこちらから
工事中の現場と引き渡し後の様子は、ブログサイトのこちらから
 
 

07
13
 「What's 家―教えてください 理想の住まい―」展

現在、新宿パークタワーのリビングデザインセンターOZONEでは、
「What’s 家―教えてください 理想の住まい―」展を開催中です。
現在の家づくりでは、とても多くのことが求められるようになってきました。
耐震性や断熱性、省エネ、耐久性、もちろんデザイン、そして、生活の仕方については、多様性が求められています。
このイベントの一つの展示に、「カタチになった理想の家ー建築家60選」という会場が用意されていて、ギルドデザインは、模型とパネル展示で参加しています。
展示しているのは、昨年竣工した「猫と暮らす小さな家」です。
会場では、
1、ペットと楽しく暮らす家
2、子供の成長を考えた家
3、趣味やこだわりを楽しむ家
4、自然(緑や花)を感じる家
5、人が集まる家
の5つのカテゴリーにわけられて、それぞれのクライアントにとっての理想の家が、パネルと模型でわかりやすく解説されています。
家づくりを考えていらっしゃるみなさんにとって、とても参考になる展示会だと思います。ぜひおいでください。
会期は8月5日までです。
展示会の詳細はこちら
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1679.html 
ギルドデザインからの展示は、下の写真のような感じです。
模型を覗いてもらうと、猫タワーや猫の階段がご覧になれます。
パネルでは、 夏期は地階の涼しい空気を2階の上げ、冬期は2階の吹抜けにあがった暖かい空気を地階にまわす空気の循環システムや、安価な夜間電力を使った蓄熱暖房機の説明がしてあります。
会場にお出での節は、ぜひギルドのパネルもご覧下さい。
「猫と暮らす小さな家」の現場の様子はこちらからご覧下さい。
 http://www.guild-design.com/category/仕事/猫と暮らす小さな家/

12
28
 お住いの様子を伺ってきました。


年の瀬のお忙しい頃ですが、お引渡後3ヶ月お住まいいただいた様子をうかがってきました。
地下に置いた蓄熱暖房機、地下と2階の熱と循環させるカウンターアローファンの働き具合、床暖房を設置しなかった寝室や2階リビングの部屋や床の暖かさ具合を確認させていただきました。
省エネ4等級レベルまであげてある断熱性、気密性のおかげで、室内はどこに行っても暖かい。温度差のない全館暖房はうまくいっているようです。 地下に設置してある蓄熱暖房機のおかげです。1階の寝室も地下の天井に開けた穴から熱が廻っているようで、いつも暖かいそうです。
2階への熱の上がり具合が十分かと、気になっていたのですが、お邪魔した日は2階のフローリング床に座っていても、冷たいとは思わない、ちょうど良い具合でした。
ただ、カウンターアローファンをまわしてないと地階に熱がかなりこもっているそうで、今回はファンをまわしていただいたので、地階に変な熱のこもり感はありませんでした。
カウンターアローファンを普段はあまりまわしていないそうで、音の問題だそうです。 昼間テレビをつけていたり、お客さんがきていて話をしていればそれほど気にならないようですが、夜などは音の問題はありそうです。
ダクトが室内に長く露出してしまったこと、スパイラルダクトのままだったことが原因に思われます。今後の課題です。

お引っ越しの後、ちょっと時間がかかっていた建具の猫穴も確認してきました。
室内のどこも暖かいので、猫穴には扉がなくても平気なんですね。

先日ヒビの入った食器棚のガラスのお話も聞いてきました。
強化ガラスにすべきか悩んだところですが、ご近所のガラス屋さんで難なく取替できるということで、その気軽さは普通ガラスの良さのようです。
暖房が入ると、木材が乾燥し、収縮する部分がでてきます。暖房が入り始めて2ヶ月くらい経つのでしょうか 。すこし隙間が出始めて、気になるところが出ています。1年検査の時までは広がったりしながら、少しづつ落ち着いてくることでしょうが、要経過監察ですね。
一応、気のついた部分などを工務店さんに連絡して、課題としてもらいました。


 

10
4
 オープンハウスへのご来場ありがとうございました

 
先月28日のオープンハウスでは、まだ床の養生もとれていない状態でした。おいでいただいた方々には大変申し訳ないことでした。
昨日は、28日においでいただけなかった方々や事務所のメンバーでの内覧をさせていただきました。

この日は、暗くなるまで、少しゆっくりと現場にお邪魔させていただき、照明の様子なども確認してきました。
計画地は、緑の多い閑静な住宅街ですが、それだけに建蔽率は40%と厳しく、狭小敷地であるこの計画は、地下を入れても、83m2(25.2坪)程度の延床面積を確保するのがやっとです。
2階のリビングダイニングキッチンは、敷地の長さをいかし、南の光をつかまえるように空へつながる天井から、空間の広がりを手に入れています。

家族の一員の猫ちゃんのためのキャットタワー、猫階段です。
リビングにあるキャットタワーからは、梁の上端や、飾り棚を渡って、窓辺へと遊びにいけます。ぽかぽかの暖かいハイサイドライトの窓辺は、外の景色の見おろせる冬場の特等席です。
壁の仕上げは、漆喰を塗装したもので、そのアルカリ性、静電気を帯びないこと、吸放湿せいなどは、臭いを消してくれたり、汚れ付きを防いでくれたらり、多少とはいえ貢献してくれています。


施主といっしょに使い勝手を考えて造ったロシアンバーチのキッチンです。
広いシンク。シンク上には扉をリフトアップさせて使う水切り棚。吊り戸棚はガラスの引戸で、普段使いのお気に入り食器を飾りながら収納できるようにしています。
電子レンジやトースター、炊飯器は、写真からは隠れていますが、同じくロシアンバーチで造作した家具におさまります。

2階へ上がる階段は、狭さを感じさせないための踏み板だけの階段です。光の廻り込みや風の流れをスムーズにさせます。
お父様は足下を悪くされているので、階段の造りについては 心配をしていたのですが、クライアントとの話合いを通して、このような階段にまとまりました。
今手摺のついていない壁面についても、今後手摺が付けられるように下地を埋め込んでいます。

お父さまの足腰のことを考えて、トイレの起ち座りが楽になるように、洗面との境に、収納を兼ねた小さなカウンターを、力のかけやすい高さに造り付けています。この部屋にも、将来の手摺用に、壁の中に下地を隠しています。
洗面脱衣室、トイレは狭いながらも(狭いからこそ)一室です。動作が楽になるように、また、場合によっては介助しやすいようにと考えてのことです。
お風呂にはガラス戸を使うことで、お風呂までつながる一部屋のようにみせて、窮屈感をなくしています。
お風呂にはホーローの浴槽を入れています。ホーローの浴槽は、質感もすばらしいのですが、営業の方によれば、お湯持ちもよく湯質まで違って感じられるそうです。
浴室の壁はFRP防水をそのまま見せています。
本来下地になるべきものですが、ガラス繊維が盛り上がり、少しムラのある表情が、 なかなか素敵です。

地下室は、主に収納ですが、ドライエリアを設けていて、自然光や風も入りますから、ちょっとなにかをする場所としても使えることと思います。
手前右に置いてある箱が、蓄熱暖房機です。夜間電力を使い内部に熱を溜め込み、昼の間はゆっくりとそれを放出するというもので、夜間の安価な電力を使う暖房機です。
冬の間、暖房機からの温風は、外断熱されたコンクリートの壁天井に蓄熱され、安定した熱源の場所となります。
階段スペースと通して、建物中に暖かい空気は廻っていきますが、コンクリートの天井に開いた穴からは直接1階寝室や、洗面脱衣室の床下にはいり、床を暖めてくれるものと思います。
最初の写真の天井際に写っているシルバーのダクトは、この地階とリビング天井の一番高いところとをつないでいて、換気扇(カウンターアローファン)が空気を強制循環させます。
冬に上がった熱気を、再び地下室へ。また、回転を反転させることで、夏の地下室の冷気をリビング天井から吹き下ろすということができます。
これまでの現場の様子などはこちらからご覧ください。
「猫と暮らす小さな家」 
 

08
1
 ウレタン吹付けから壁下地へ

ちょっと報告がご無沙汰していた猫と暮らす家も、工程は遅れ気味ですが、ペースは上がってきています。
ちょっと前になりますが、省エネ4等級を目指すこの現場では、外壁、屋根裏に現場発泡のウレタンの吹付け工事が完了しました。



天井には160mm、壁には80mmの吹付け厚さになります。
2階リビングの天井高さが、MAXで4mを超えるこの小さな家でも、まずは断熱性能気密性能を高めることが大切です。現場吹付けのウレタンフォームは隙間なく外周部を埋めてくれます。
しかし、それだけでは天井の高い家では足下が冷えそうですから、夜間電力利用の蓄熱暖房機を地下に設置して、足下から暖気がゆっくりと上がってくるようにしています。
そして、上がってしまった熱気を地下へ循環させるカウンターアローファンも設置されます。(本体はもう付いてるんですが)

吹付けの完了した現場では、大工さんが壁をふさぎ、仕上げのための下地づくりを進めています。

リビング天井が高いために、こんな足場を作っています。
下地のボードを貼るのも、こんな場所では大変ですが、ここの天井は目透かしの板張りなので、下地のボードを貼って、目透かしの目地底に仕上げテープを貼っています。写真の天井はその状態です。
外壁工事も進んでいます。
今回始めて使う富士川建材の「ラスモル Ⅱ ノンクラック通気工法」。外壁が軽く、薄く、クラックが少なく出来る工法です。いつもと違う見慣れぬ下地の状態ができています。外壁もモルタル塗りの左官工事が始まります。

現場のこれまでの経緯はこちらから  猫と暮らす小さな家