04
5
 フリーペーパーに載りました

4年前に竣工、お引渡し住宅、「シュロのある家」は、子育てを大切に、楽しく生活していらっしゃるご家族の住宅です。
リビングダイニングキッチンの吹抜から、今はまだ仕切りのない子供部屋の様子が伝わってくる間取りと、家事がスムーズにおこなえるようにと、充実した家事室+パントリー、コンパクトにした家事動線が特徴です。
そんなことからこの住宅は、子供室のありかたや、充実した収納などで、雑誌に取り上げていただくことが多いのですが、今回は、階段下の小さなカウンターがピックアップされています。
リビングの中にある階段下には、ちゃんと窓があって、棚があって、机があります。
小学生の子供たちは、まだ勉強はお母さんの近く。ダイニングテーブルだったりすることが多いですよね。
リビングコーナーの階段下のその場所には、ランドセルや教科書もしまっておける場所があるので、片付けもできる勉強コーナーになっているんです。
パナソニックさんが季刊で発行している暮らし情報誌「Otonari」が、今回は「リビング学習のすすめ」のコーナーをつくるということで、「シュロのある家」がピックアップされています。
フリーペーパーということのようです。どこで手に入るのかわからないのですが、 見つけたらご覧になってみてください。
この住宅の現場の様子はこちらから「シュロのある家」
竣工写真は こちらから「シュロのある家」

 

10
29
 立野の家とシュロのある家が、素住 – SUSU -no.19に掲載されています。

現在発売中の「素住 – SUSU -no.19」の第1特集、家事がはかどるキッチン計画のなかの「理想のキッチンの作り方」で、「収納いっぱい子育ての家」と「シュロのある家」が掲載されています。

「収納いっぱい子育ての家」は、9年程前に竣工した住宅で、当時、小学生のお子さんが3人の5人家族のお宅です。
キッチンにはたっぷりの壁面収納、ダイニングやリビングの下には、ダイニングの床板をあけて取出せる床下収納を用意して、さっとしまえて、さっと取出せる子育て世帯でも散らからないように収納を考えています。
そこで、「たっぷりの収納スペースを設けてすっきりした空間に」のタイトルで取り上げられました。


シュロのある家」はお子さん2人の4人家族。3年前に竣工した住宅です。
家事動線をまとめて、家事室やたっぷりなパントリーを用意することで、家事作業がスムーズに進められるようなプランニングと、お母さんが、お子さんの様子を感じながら台所仕事ができる吹抜のある住宅です。


どちらのお宅も、子育てをとても大切に、とても楽しんでいらっしゃる建主さんです。わんぱくだったり、ともかく散らかしてしまうお子さんたちと、効率よく収納して、楽しく家事、家族生活をおくれるように考えた住宅です。

04
21
 竣工パーティ

シュロのある家の竣工からほぼ1ヶ月が経ちました。
とてもうれしいことに、建主さんが工務店さんと我々を招いて、竣工パーティーを開いてくださいました。
予定では、もう暖かくなっていて、ウッドデッキでバーベキューを計画してくださったのですが、夜には雪がちらつき、朝に雨が残るという何十年ぶりの異常気象になってしまい、部屋の中でのバーベキューでした。
臭いが残っちゃうようでは申し訳ないとお話ししたら、もうやってますからとのご返事。
おいしいお肉、たらふくいただいちゃいました。ごちそうさまです。
午後には、陽が射してあたたくなったので、外に出てデザートとお茶を堪能。

大人同士が話に夢中になってるなか、子供たちは、子供部屋からリビング、デッキテラスへと遊び回っていました。
とても明るい伸びやかなご家庭である様子が、よ〜く伝わってきます。

すてきなパーティをありがとうございました。
こんなすてきなご家族と家づくりという共同作業をご一緒できたことをとても幸福に思う一日でした。

どうもありがとうございました。


03
20
 施主引渡

本日は、建物の引渡日でした。

午前中は、奥様へ設備機器類の使用説明。
午後からは、奥様にかわってご主人がいらっしゃり、検査で指摘していた部分の手直し確認、玄関ほか鍵確認の後、引渡書に署名捺印し、引渡が完了しました。
あっという間の1年と2ヶ月でした。
引渡は完了しましたが、一部工事が残ってしまいました。
あと少し、お邪魔することになりそうです。
一応、引越は来週末ですので、工務店さんもそれまでひと頑張りです。
よろしくおねがいします。

明日は、オープンハウスです。
駐車場のスチール手摺がまだなのですが、縦格子はなんとか間に合いました。
室内には、ご一家がこの夏旅行に行かれた時に購入された沖縄ガラスの板が、扉にはめ込まれました。


03
18
 外構工事は間に合うか!

外構工事が進んでいます。
駐車場まわりでは、シャッターの取り付けと電気工事、大工さんがバルコニーの手摺の組み立てに追われています。

バルコニー手摺は細長い木材を組み立てた縦格子です。
構造の骨組みは太いです。そのままでは鈍重感が勝ってしまいそうです。
そこで、手摺と一部側面に、縦格子を使うことで、シャープさとリズム感をもたそうとしています。
手間のかかる作業になっています。時間が限られてきましたが、よろしくお願いします。

玄関前には、デザインしたステンレスの製のインターホン組み込み表札、それにこちらは既製品ですが、ポストがついていました。足下では石屋さんがポーチの石貼り中です。


03
15
 設計検査&外構工事

週末の引渡に向けて、外構工事が急ピッチで進んでいます。
リビング前のデッキテラスとバルコニー、玄関アプローチ土間のコンクリート工事など、外回りの工事が慌ただしいのですが、室内の工事については、ハンガーフックなどの細かい工事も済み、今日は、施主お父様の会社の方々による鏡の取付け、施主依頼の家電量販店さんによるエアコンの設置工事が入っていました。
そんな一部施主サイド工事の中、本日は設計事務所の完了検査を行い、一部手直し部分の指示をお願いしてきました。

03
10
 オープンハウスのお知らせ

先日、OZONEさん主催のオープンハウスでは、大勢の方にきていただきありがとうございました。
このようなスタイルのオープンハウスは、初めてでしたので、準備不足で十分なご説明ができたのかと、気にしております。

ただ、施主奥様もおいでいただきましたので、建主からのコメントは、また別の意味でご計画の方々には有意義な物があったのではないかと思っています。
さて、
今回は、当事務所主催のオープンハウスのご連絡です。
まだ完了してなかったアプローチ部分やデッキテラスなどの外部工事がそろそろ終わります。そのタイミングで、もう一度、施主のお許しを得て、オープンハウスをいたします。
玄関部分の穴あき部分には、ステンレスの表札もついているはずです。

3月20日(土)13時からを予定しています。
CONTACTのページから、または、

へご連絡ください。
おいでいただける方々へはご案内をお送りします。


02
25
 OZONEさん主催オープンハウス

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_a/detail/929.html<>ご報告が遅れましたが、先日完了検査が無事終了。
まだ残る外構工事のさなかではありますが、Living Design Center OZONEさんがこの建物のオープンハウスを計画されています。
「シュロのある家」は、1年前のちょうど今頃、建築家コンペを経て、施主に気に入っていただき始まった計画です。
アッというまの1年でした。
OZONEさんの案内はこちらから
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_a/detail/929.html
玄関前の舗装など、外構工事が終わった来月には当事務所でも、オープンハウスを予定しています。今回お時間の都合のつかない方は、ぜひその時においで下さい。
当社ホームページでまたご連絡いたします。

02
18
 完了検査目前

0217
完了検査とお施主様検査を明後日に控え、現場にいってまいりました。
内部養生がはずされ、現場では電気屋さんと補修屋さんが作業をしていました。電気屋さんは器具の最終取り付け中。補修屋さんの作業現場を初めてみさせていただいたのですが「わ、消えた!!」という感じですね。すごい。全体的にきれいに納まっていました。監督さん、職人さん、ありがとうございます。明後日よろしくお願いします。


02
3
 家具と設備

01/30 その2
洗面脱衣室に洗面カウンター収納、リネン収納が納まりました。奥様が使い勝手を考慮しアイディアを出してくださったところです。前回の現場打合せで急遽施工する事になったタイル。雑貨屋さんで取り寄せたものだそうです。洗面ボールと色もぴったり。ご主人専用のたっぷりはいる玄関収納もすっきり納まっていました。


02
3
 足場養生とれました!

01/30
01/23、足場、養生が撤去され、「シュロのある家」外観が現れました。開口を極力つくらずシンプルにした道路側の白い壁に、シュロのくっきりとした黒い影が浮かび上がりきれいです。
吹き抜けの落下防止柵も設置され、木建もほとんど吊られていて塗装の作業が行われていました。
シナの建具もきれいです。


1 / 3123