01
31
 建築展を川口市で計画中

まだ少し先の話ですが、今年の9月に、建築家31会の仲間たちと埼玉県川口市で建築模型展&建築相談会を開催します。
その準備のための第1段階として、会場の確認とともに、作業の割振りや予算の概要、広報の方法などの打合せをしてきました。

会場は川口市立アートギャラリー・アトリアです。
展示会場の確認とともに、係の方から借用できる備品の説明や展示方法、展示での注意事項など説明を受けてきました。

展示会場は、この半分スペースになりますが、天井がとてもりっぱな会場です。
会場展示構成も、このゆったりしたスペースを活かせるように考えないといけませんね。活かせれば、とても魅力的な展示会になりそうで、今から楽しみです。

ご期待ください。

 

 

01
28
 左官下塗り完了

「マンションの茶席」現場、8帖広間の茶室の壁が下地づくり(中塗り)まで、完了しました。

壁と柱などの木部とが取合うところは、チリの納まりといって、壁材の収縮乾燥によって、柱と壁に隙間ができたりするものです。
左官屋さんは、その隙間ができることをとても心配して、ヒゲコという麻の糸を埋めることで、隙間ができるのを押えるような下地造りをしていましたが、最近の室内用の左官材料はとても良くできていて、乾燥とともに若干膨張するのだそうです。
本物の土壁で仕上げることでもない限り、室内では工法もからって来ているのですね。

火灯口もきれいに中塗りがあがっています。

この「マンションの茶席」の現場では、火灯口廻りを和紙張りするつもりがありません。そういうわけでもないですが、火灯口廻りはしっかりをコテで押さえ込み、ヤスリ掛けをして曲面を造ってくれました。
今回は全てプラスターですが、火灯口木口廻りの中塗りには、漆喰を使うこともあるのだそうです。

床の間、室床の塗り回しと、柳釘の中塗りの状態はこんな感じで納まっています。

大工さんが引き上げていくなかで、炉壇もしっかり納まりました。
畳がしかれるのを待つばかりです。

01
28
 とんがり屋根づくり_赤い屋根

無事に検査機関による中間検査を終えた日に、「とんがり屋根の家」のとんがり屋根が葺き終わりました。
その様子をお伝えします。

24ミリという相当厚い構造用合板を使って屋根面の剛性をつくった上に、ポリスチレンフォームによる外断熱と通気層を造っている工事の様子は、「とんがり屋根の家」前々回のブログでお伝えしましたので、そこから先の様子です。

通気層の上に12ミリ厚の野地板を打ち、再び構造用合板を止めたようなマッシヴな姿に。

野地板の上に、まず防水材であるアスファルトルーフィングを敷き詰めていきます。
ルーフィングを葺くところからが、屋根屋さんの仕事となります。
「とんがり屋根の家」のように急勾配な屋根では、屋根作業のためには、まず屋根足場という屋根作業用の足場造りから始めます。

「とんがり屋根の家」の屋根は、彩色セメント板、いわゆるコロニアルです。コロニアルの場合は、ルーフィングの後は、屋根の端部(ケラバ)や、登り棟部分に板金による雨押さえ材を取付けていきます。


軒先に水切り板金を取付けた後、コロニアルを軒先から重ね張りしていきます。基本的にルーフィングから2枚のコロニアルが重なって屋根となります。(一部は3重になります。

屋根葺きは三日くらいで棟まであがりました。
なかなかの急勾配です。「とんがり屋根」の所以です。
 

急勾配で大変ですねと、屋根屋さんに声をかけると、「どこもいっしょだから」という答えが帰ってきました。

確かにそうでした。お隣、先お隣と見渡してみれば、どこも北側斜線がしっかりかかっていて、同じような勾配です。みんな3階建てののっぽ住宅、これが東京の今の街並でしょうか。

とんがり屋根の家となる寄せ棟造りでは、小屋裏換気が棟や軒からは、とても造りづらい屋根です。
外壁足もとにある土台の壁内通気孔から、外気が入り、外壁や屋根からの熱気や湿気を逃がしてくれる大切な逃がし口です。屋根の途中、上の方につけてもらっています。

屋根材としてはガルバリウム鋼板を選ぶ事が、私の場合ほどんどだったのですが、
今回のコロニアル。「おうち」度は断然あがりますね。

 

01
27
 カーテン打合

「中庭を造る減築リフォーム」の現場へ向かう途中、大月辺りでは雪模様です。天気がよければ、中央に富士山がくっきりと見えているんですが、二週続いてのお隠れです。

現場には、ここのところ毎週のように施主奥様にきていただいての現場打合です。
変更などもありますが、仕上の確認に来ていただいているので、現場で直に確認していただけるので、スムーズに進んでいます。

2階の寝室フロア(ワンルーム)には、お子さんたちの鉄棒遊びの場所になる室内用物干ができました。
物干に2方から囲まれた床は、吹抜けになり、大きなハンモックを取付けます。
ベニヤで養生されていて、まだちょっとイメージしにくいですね。

この日は、カーテン屋さんにも来てもらい、カーテンの相談、下地の確認もしてもらいました。ブラインドかカーテンか、カーテンの生地のグレードのこともありますから、まず寸法取りしてもらい、見積してもらうところからお願いしています。

2階の寝室フロアーは、お子さんたちの勉強の場にもなります。
今はまだ、お母さんの近くですることが多いそうですが、2階には 3人のお子さんのために6mの長さのまっすぐな机が壁から跳ね出しで付きます。
写真は、机の奥にある受け金物の具合です。

1階も工事が進んできました。
トイレや洗面所、パントリーなど水廻りや裏廻り収納の壁下地が組まれてきました。

01
26
 中間検査完了

「とんがり屋根の家」の現場では、構造部材、接合金物の取付が完了したところで、検査機関による中間検査を受けました。

午前中に、住宅瑕疵担保責任保険の保険会社による中間検査を受けた後、午後には、確認審査機関による中間検査を受けています。
いずれも無事に検査を終了しましたので、引き続き工事はスムーズに続けられます。

建物は四角いプランで、1階、2階は、そのまま壁が建ち上がるシンプルな姿なのですが、3階は、2方向道路と2方向の北側斜線のために、屋根裏部屋のような部屋。
1、2階がシンプルな構造に対して、3階は垂直な外壁のない、ちょっと厄介な構造のため、審査機関とは随分と打合を重ねて造り上げた構造です。
問題はないとわかっていても、審査が終わればほっとします。

屋根裏であれば必要もない構造計算でも、屋根裏部屋として3階の床ができれば、住まいの安全としての構造計算が必要で、金物や合板の使い方など、構造にはいろいろ工夫をしています。

 

 

01
25
 左官工事

「マンションの茶席」の現場も、仕事の中心が大工から左官へと移り、聚落の下地となるプラスターによる下塗りが始まりました。

プラスターの下塗りのために、ボードの下処理をしています。
ボードのつなぎ部分や木部、合板下地に紙テープで割れ防止の処理を施しています。
薄壁のために、下地に合板を使っている水屋裏の壁には紙テープが一面に貼られました。

今回の左官の塗り厚は8〜10ミリあります。
床の間の壁に埋まる無双釘や室床に打つ柳釘のためには、大工が取付け寸法を調整しています。

かつては、左官屋さんが養生テープを使うことなど、なかったように思うのですが、最近は左官屋さんも塗る前にはテープ養生をしているようです。まだ塗ってない壁の廻り縁部分のテープがそれで、塗り厚のガイドにもなっているのでしょうね。

火灯口の引込み戸を引き込む壁も薄い造りになっています。
ボードがプラスターの水分を吸ってムクってしまうのを押えるために、しばらくの間、壁押さえの添え木をしておきます。

 

 

 

 

01
20
 仕上材の確認、色打合

「中庭を造る減築リフォーム」の現場に、先週に続いて施主に来ていただき、仕上材の確認をしてきました。

実施設計の時点で、一度は仕上材の確認をしていただいていますが、現場が進んで空間の広がりや雰囲気が、少しつかめるようになったところで最終確認をしていただくようにしています。
空間の雰囲気というのは、一般の方には、模型やパースをみただけでは、なかなかわからないものですから。

中庭にできる外壁のジョリパットの吹付け色、デッキや羽目板のキシラデコール塗装色、玄関土間タイル、トイレと洗面所のシート、壁天井のクロスなどなど。

リフォームでは、解体してみてわかることも多く、追加工事が必要なことがあります。この現場でも、雨漏りや外壁の傷みから、かなり追加の工事が必要になりました。
その都度、見積を工務店にお願いして、施主にも確認してきましたが、この日は細かな変更も含めて、現時点でのトータルな追加見積金額も確認していただきました。

 

前回の施主との現場打合で、スイッチの位置やつながり、コンセントの位置などの最終確認をすませたので、現場では、天井下地のプラスターボードが貼られる前に、電気の配線が無事完了していました。

床暖房の配線も完了済み

昼過ぎには打合は終わって、甲府市内で遅い昼食をとっているうちに、突然の大雪。
坂道ではノーマルタイヤの車が立ち往生、高速でも降り積もる雪に渋滞。
ヒヤヒヤの帰り道でした。

01
19
 建築家31会が業界新聞に取り上げられました

ギルドデザインがメンバーとして活動している建築家31会の活動が、日刊木材新聞に取り上げられました。

建築家31会は、一般の方々へ建築家の存在をもっと身近に感じてもらいたいという思いから、建築家自らが主体となって活動している協同組合です。その活動意図や活動内容を、丁寧に紹介していただきました。

今月初めに横浜マークイズで開催した建築展、建築セミナーや、3月に予定している新宿パークタワーでの建築家31x3works展など、建築家31会は今年もエネルギッシュに活動していきますので、よろしくお願いいたします。

01
19
 天井板貼り、炉壇固定

マンションリフォームではたいていの場合、マンション規約などで残業工事ができません。お隣のことを考えれば、とても迷惑です。
「マンションの茶席」の現場も、6時には掃除を終わらせることになっているので、そのちょっと前に現場の確認にいってきました。

さすが高層マンションです。夜は夜で、すばらしい眺めです。

造作工事は、空調のダクト工事が終わったのを受けて、天井板が貼られました。
天井が貼られるとぐっと落ち着いてきます。
今回は、既製品の電気炉用の炉壇の高さや既存床暖房などの対応から、和室床がFLより150mmあがったために、結果的に天井が少し低めに押えられています。
8帖の部屋としたは、気になるだろうかと少し悩ましかったのですが、それほど問題はないようです。

きれいな中杢の羽重ね天井ができ上がりました。右の金物は吊り釜用の蛭釘。
吊り釜は、3月になって、春を感じてもらうようにと、揺らぎを演出するために天井から釜を吊る点前です。 その鎖を吊るために必要なのが蛭釘です。

これは水屋の天井写真ですが、網代としました。

マンションリビングや書斎の一部をリフォームして造る茶室なので、火の使用が制限されてしまいます。今回の炉には、電気炉を用意してもらいました。
既製品の電気炉に炉壇と炉壇を受ける金物がセットになったものです。

前述した通り、和室の荒床は既存レベルから少し上げられて、炉壇受けを固定するための下地が組まれました。

炉壇受けを取付けた後、炉壇がはめ込まれます。
写真は不燃板が貼られた炉壇受けの外側の様子です。

 

01
16
 鰭ケ崎(ヒレガサキ)の家

千葉県流山市の住宅が着工しました。

新しく土地区画整理された住宅地なので周囲も新築の家が立ち並んできています。
鰭ケ崎の家のテーマは「ハワイアンリゾート」でラフな素材感と開放的なプランで実現を目指しています。

昨年末から着工し、年明けに建て方、現在は木工事が本格的に始まったところです。
基礎は逆スラブのSRC構法で1階全てに床暖房が敷設されます(コンクリートスラブ内に配管埋設です)。

床はリビングの一部をフローリングで仕上げますが、ほとんどがコンクリートにウレタン仕上のままというハードなつくりな一方で、
大きく吹抜けた切り妻屋根は化粧の棟木、登り梁、米杉の羽目板(野地)を顕してかなりウッディーで対比させています。

いよいよ仕上げを決めバランスを整えていく事になります。
5月末の竣工に向けて報告していきます。

01
14
 断熱材吹付け完了

新年あけの仕事始めの週に山梨県のリノベーション現場「中庭を造る減築リフォーム」へ、工程確認、施主打合で出かけてきました。
山が大好きだからというわけではないですが、冬の山梨はすばらしい。
甲府市内を走っただけで、冠雪した南アルプスがとっても雄壮です。

現場の予定では、なんとか年末中に断熱工事を終わらせたかったようですが、新年早々の吹付け工事となってしまい、工期は遅れているようです。
工期についてのクライアントへの説明を、工務店よりしてもらいました。
リフォーム工事は、計算通りに進むことの難しい工事ですが、この現場では、少し遅れ方に問題がないわけではありません。ただ工期だけを無理に詰めて、工事の質が雑になってもらっては困ります。
特に最近は職人さんが足りない状況です。現場のわかっていない職人さんを無理に入れてもらっても、うまくいかないことも多いです。そのあたりの読みで、どこまでを工務店さんにお願いできるのかが難しいところです。

この現場は現場発泡の硬質ウレタンフォームB種でお願いしています。
A 種でも、もちろん良かったのですが、既存改修で、外壁を残してのリフォームですから、外壁通気をとることができない今回のリフォームでは、断熱材での内部結露を押えるために、吸湿性の少ない断熱材を選択しています。

中庭のサッシも取り付いていて、ようやく空間ボリュームが見えてきました。
断熱は外壁だけでなく、外壁区画から1m室内側までウレタンフォームを吹いてもらっています 。これは鉄骨が熱橋により、外部の熱環境が室内に入ってくるのを押えるために必要な措置です。

この日は、造園屋さんとの外構打合もお願いしました。
玄関前や、駐車場と南窓との間の既存植込みをどう調整していくのかを、植木屋さんに相談しながら、 残すべき木とあきらめる木を決めながら、クライアントにも植栽のイメージをまとめてもらいました。

初めて聞いたことですが、棕櫚には唐棕櫚と和棕櫚があるのだそうです。
このお宅にある棕櫚は和棕櫚で 、和棕櫚は葉の開き具合、付き具合の姿がよいのだそうです。
意図して植えていないとあるものではないということで、これは残すこととなりました。
最近の植栽の傾向として、松や梅など、和っぽいものを避けることが多く、だんだん使われなくなってきているので、そういう今でこそ、この和棕櫚もうまくいかせないかと思うのです。

01
14
 建築家31人x3works vol.16ありがとうございました。

横浜「マークイズみなとみらい」の東京ガスショールームをお借りしての建築模型展「建築家31人x3works vol.16」が、にぎやかなうちに終了しました。

今回は、珍しく31会メンバーの半数による展示会となりましたが、会場に余裕ができた部分を、セミナーエリアとして活用できました。
土地探しや多世帯のセミナーにはわざわざ足を運んでくださった方もいらっしゃり、意味あるイベントにすることができました。
ありがとうございました。

建築家31会での建築展示会は、多くの方に建築家の仕事を知っていたいただきたい、お住いを造る楽しさや意味深さをお伝えしたいとおもって、開催しています。

今年の3月には、新宿パークタワーで。6月には横浜赤レンガでの展示会を。
また、建築家31会の少数メンバーによる展示会も開催しています。
来週には中央線エリアの建築家の会を、
4月には東急東横線エリアに向けての自由が丘建築家サロンというものも予定しています。

くわしい日程などは31会のHPで随時お知らせしていきますので、ご都合の良いタイミングでお出かけください。

たくさんの方々と建築、住宅のお話ができるのを楽しみにしています。

1 / 212