10
28
 カーペット選び

最近、床材を考える時に、フローリングを選ぶのが標準となっています。
適材適所で床材を見直した時に、クライアントによっては、また、部屋に求められる機能によっては、カーペットを選択しても良いはずで、今回のクライアントにカーペットをおすすめして、ショールームにご一緒しました。
そこで、ちょっとカーペットの良さをまとめてみました。

フローリングには、木質感の良さもありますが、掃除がしやすく汚れもつきにくいなど、機能的にもおすすめしやすい床材です。仕上がった時には、少しハードな感じですから、空間の雰囲気もピリッとするのも良いところです。
反面、冷たさや硬さ、滑りやすさは、フローリングの弱点ともいえます。
カーペットは、かつては、安価な化繊の普及とともに、その暖かさもあって、住宅の床材としてかなり使われていましたが、掃除しにくさ、ダニがつきやすいなどといわれ、近年は敬遠されてきました。

しかし、カーペットには、フローリングに無いメリットがあります。

・多彩なデザイン性
色や柄の豊富さ、織り方、サイズまで、バリエーションに富んでいます。
・保温性、断熱性
空気を多く含むカーペットは断熱性が高く、熱の伝導率も低いので、ひやっとすることなく、断熱効果を高めてくれて、省エネにつながります。
・クッション性が高い
普段の歩行についても足腰に優しいですが、転んだ時にも硬い床材と違って安全性が高いです。また、フローリングではごろっと横になっていると硬くてくつろぐことができませんが、カーペットなら眠ってしまうこともできます。
・滑りにくさ
シルクの生地などでは、肌ざわり良くサラッとしていますが、フローリングのような滑り感はありません。安全性が高いといえます。
・防音性・吸音性
内部に空気を含み、層や織りが重なることで、物が落ちたり歩く音を低減して、下階へ音が伝わるのを抑えてくれますし、吸音することで室内での音の響きを抑えます。
・埃の舞い上がりを抑える。
カーペットにはホコリを吸着する性格があります。掃除機で簡単に除去できるそうですが、舞い上がりを抑えて、空気中のホコリ・アレルゲンを低減できます。
・素材の多様性
天然素材のシルク、羊毛、綿、麻、から人工素材まで多様です。カーペットを使う部屋の用途、求められる機能に応じて素材を選び、その肌ざわり感を楽しむことができます。

さらに、天然素材のカーペットでは、化繊とは違って調湿効果があり、静電気もおきないので、ホコリなどの吸着性を低く抑えられます。

まとめてみるとこんな感じですが、今回お邪魔したマナトレーディングさんのショールームで説明いただいた商品の良さを伝えることは難しく、やはり実物を見て触って感じるなかで、選んでいくことが大切ですね。

 

09
9
 久しぶりに事務所メンバーでランチとお散歩

ここのところギルド・デザインも忙しくしておりまして、ブログの更新が滞ってしまいました。
模型製作では、アルバイトさんにも来てもらっています。

せっかくバイトさんに来てもらっているので、みんなでランチでもってことで出かけたら、事務所の大家さんにばったり出会ったので、お勧めを聞いてみたりして。
まあ、定番的ですが、代々木駅前のアンコールワットへ。
フォーと生春巻き、相変わらず美味しいです。昔よりちょっとお値段上がってましたが。

食事の後は、久しぶりに代々木ヴィレッジまでお散歩。

久しぶりにのぞいてみたのですが、平日でしたが(平日だから?)とても賑やかで、オシャレにカフェ、ランチがいただけそうです。
この街路でお食事してたら、なかなか素敵な気分になりそうです。

プラントハンター西畠清順氏が、世界じゅうから集めてきた不思議な植物を見るだけで楽しいところです。一時期、枯れそうな子もいたりしましたが、この日は、茂り過ぎなくらい生い茂ってました。
糸杉も、まあ立派に育っておりました。

代々木に来ることがあったら、寄ってみてください。
駅近です。

04
12
 歌舞伎鑑賞

 

知り合いから、歌舞伎座の招待券をいただきました。

歌舞伎座が新しくなって、しばらくたちますが、まだ出かけていなかったので、これは良い機会と、事務所メンバーで揃って、「四月大歌舞伎」夜の部を楽しんできました。
地下鉄で行くと、地下からのアクセスが良くなりました。
地下のお店はお土産や、ちょっとつまむお菓子やらで、買い物が楽しそうですが、開始まで時間がなくて、ここではゆっくりできませんでした。

新しくなって、劇場内はとても広がったように見えますが、1階にいると花道はすぐそこに見えて、迫力は以前のままのようです。間口は、旧歌舞伎座とそんなに変わっていないのでしょうか。

2階や3階席もゆったりしたように思いますし、以前より舞台が見やすくなったような気がするのですが、どうなんでしょうか。

桟敷席も素敵でした。いつかこんな席から観劇したいものです。足入れがあって、特に1階桟敷席は、特別らしいです。

相変わらず、ホワイエは狭いですね。
これが、日本の舞台の文化なんでしょうかね。幕間をくつろぐというか、幕間を楽しむというのもあっていいような気がしますが。

久しぶりの観劇でした。大看板の役者が居なくなったから、どうだこうだと、聞いていましたが、なんのその、随分と楽しませていただきました。

02
3
 スタッフの卒業

7年間働いてくれたスタッフが、1月で退職していきました。
千駄ヶ谷の美味しいお店で、送別会をして、彼女を送り出しました。

アメリカ留学先のインターンとしてギルドにやってきて、そのまま仕事に入ってくれました。語学を活かしてもらう仕事はなかったけれど、住宅設計については、一から十まで任せられるような経験は積んでもらえたと思います。

新しい職場は、ギルドデザインより少し大きな規模の建物を設計している事務所です。まだまだ、スキルを磨きたいという意気込みを話してくれました。
個人住宅は少なくなるようですが、ディテールにこだわり、クライアントとの生活感や好みを、住宅デザインのなかに、品格をもって美しく創り込んでいた意思を持ち続けてくれれば、ギルドデザインにいた時間が、少しは役にたってくれた事と思えます。

さらに大きくなるために卒業した彼女の空いた席をみると、やはり寂しいものです。

ということもあり、ギルドデザインでは、スタッフ募集中です。

送別会は、事務所をシェアしているスミカのメンバーとともに、ワインと魚の美味しいお店で。
市場のように生きの良い魚介の棚から、本日のオススメやら好きな一品をそれぞれ選んで、調理していただきました。
ちょっとお高いですが、満足のいくお店です。
ちなみにお店は「ボガマリ・クチーナ・マリナーラ」 

 

 

 

09
19
 マニキュアフィンガー

初めて見るものをいただいたので、ブログでご紹介。

秋のこの時期の贈り物です。
事務所に届いた箱を開けると、大きなブドウの房が、きれいに紙包装されて5つ入っていました。
事務所で食べるのもいいけれど、丁寧に包まれていて、とっても高級そうだし、みんなで分け合って、それぞれの家族で食べましょうということにして、持ち帰りました。

房についた名札には、聞いたことのない名前のものがいくつかあって、僕はそのひとつをいただいて帰ったのですが、開けてびっくり、こんなブドウがあるんですね。

マニキュアフィンガーという名前です。
変な名前だと思いながら、包みを開けると、まさに名前の通りのようなブドウで、家族みんなで大笑い。

シャリっとした珍しい食感と、みずみずしいブドウです。
皮はむかずに食べられますが、タネはあるので、ちょっと注意が必要です。
でもタネはマニキュアのある指先にはなくて、元の方だけだから、先っちょは、がぶついて食べても大丈夫。

5つに分けたそれぞれの家族で、どんな楽しい贈り物をいただけたのか、いずれ聞いてみましょう。

09
16
 ルパンのレインコート

久しぶりにワンコのお話です。

秋雨の季節になりました。
うちのワンコ(名前はルパン)は、ゴールデンレトリバーです。運動量も結構必要な犬種で、朝晩のお散歩は欠かせません。
本人(本犬?)も、お散歩大好きで、お便所も外でないとしてくれません。(そこは育て方の失敗かも)

ですから、雨の日にもお散歩は必要なのですが、濡れると乾かすのが大変で、肌の弱い彼は、湿ったままでは、湿疹が悪化してしまいます。

そこで、今年の春からは、レインコートを新調しました。

選んだレインコートは、ALPHAICON(アルファアイコン)レインドッグガードです。

我が家では、ワンコになにかと着せることが、あまり好きではないのですが、 なかなかかっこいいでしょ。

実際、これはなかなかの優れもので、ほとんど濡れず、汚れずです。
これまでのレインコートでは、背中は濡れなくても、足やお腹が泥はねで汚れ、特にお腹はじゃりじゃりだったりで、帰るとお風呂に直行することが多かったのですが、足先回りと尾っぽを拭くだけで済むようになりました。

これは大助かりです。朝の忙しい時にシャワーにドライヤーは大変な手間でしたから。
防水、撥水、透湿性能のある軽量生地で出来ているということですが、暑い時には少し心配でしょうか。

頭や耳が濡れちゃうじゃないっていう時には、こういう風に一体化したスヌード(耳カバー)をかぶせることもできます。
お前は忍犬かって、感じですが。

横から見るとこんな感じです。スヌードかけるとなんか貧相ですかね。
しかも、ルパンって、頭がでかかったことを再認識です。

 

 

06
24
 月一のランニング会

月に一度ですが、ランニング仲間と皇居をベースにしながら、いろんなところを10キロほど走っています。

学生時代から長距離を歩くのは好きでも、走るのは大の苦手でしたが、年をとると体質が変わるのでしょうか?それほど抵抗感がなくなりました。
ルパン(わんこ)が我が家にやってきてからは、朝の散歩で、なんとなくジョギング状態になっていたりしていたのが、このランニンググループに参加して、1年ほどになりますが、この3月には、横浜マラソンで41.195キロを走るまでになりました。

そのランニング会で、今回はお台場を走ってきました。

久しぶりのお台場でしたが、やはり夜景は綺麗です。
屋形船もたくさん出て、お台場と東京湾の夜景を楽しんでいるようです。
照明に騙されているのかもしれませんが、東京もなかなか素敵です。
いつの間にこんなにも東京には超高層ビルが建ち並んだのだろうかと改めて考えてしまいます。本当に大都会。

時々、こうやって仲間と走ることで、気分もすっきりして英気を養うことができます。
ガンダムや自由の女神を見ながら、お台場の海際をぐるっと回ると、暗くて足元もよくわからなくな入りますが、お台場跡まで行けるようですね。
海辺には子供たちも遊んでいたり、わんこ散歩の人もいたり、お台場も生活する人々がいるんですよね。まるで都心のリゾート地のようでした。

案外アップダウンのあるコースで、10.7キロ。息切れ切れでしたが、楽しんでまいりました。

 

10
9
 動物感謝デー_ワンコの体脂肪

久しぶりにワンコの話です。

動物を飼っていれば、どうしても動物病院のお世話になります。
狂犬病予防は、犬を飼っている人の義務として必要なことですし、うちのルパンくんの場合は、実家の愛知まで連れて行くことがあるので、7種混合ワクチンという予防接種もしています。(関東以北で生活するワンコであれば、5種混合で良いのだそうです。南の方が病気が多いってことですね。)

病院にいけば、獣医さんは、動物たちの診察とともに健康上のアドバイスもしてくれます。体重や骨格についてのアドバイスをしてくれて、体重が多ければ、餌の量の相談にものってくれます。

先日、日本獣医師会が主催する「動物感謝デー」というイベントに行ってきました。
ちょっとしたお祭りなので、地方の獣医師さんが活動報告や名産品などの販売をしていたり、 獣医学部のある大学や動物を扱う学校、ペットフードメーカーなどの出店がテントを連ねていました。
写真は始まったばかりの頃のものですが、お昼前にはたいそうな賑わいになっていました。

遊んだり、買い物したり、食事をしたりという出店のなかで、さすがに獣医さん関係のイベントで、ワンコの体脂肪を計ってくれるところがありました。
獣医さんでは、体重を計ってもらうことはあっても、体脂肪を計ってもらったことはなかったので、並んでみました。
背中で測るんですね。うちのルパンは、体脂肪18だそうです。
簡易な測定器ということで、精度は高くないということですが、標準が20〜30らしいので、ルパンは、なかなかの筋肉質ということでしょうか。
毎日のジョギングの効果があったようです。

何が嬉しいかというと、ワンコたちが会場に入れるイベントだってことです。
なかなかないですから。
会場内では、 こんな子を連れてきている学校も出店していました。

さすがにこの子に、うちのワンコを接近させるのは、はばかられましたが、
やぎさんには、ルパンも大接近。お互い関心があるようです。

楽しいイベントでしたが、ワンコたちも他の動物と触れ合って、何をおもったことでしょうか。

 

09
4
 ホテルオークラ本館

ここのところ東京は、建築の話題で事欠きません。
美術館等でのいくつかの建築展、ギルドでも鑑賞に行った映画、国民的関心である新国立競技場問題などなどですが、 惜しまれて閉館するホテルがありました。
たくさんのニュース番組でも取り上げられましたから、多くの方もご存知だと思いますが、ホテルオークラ本館の閉館、取り壊しです。

谷口吉郎らを中心に、戦後日本モダニズム建築の至宝として、建築技術、工芸技術を駆使して造られたホテルです。これほど品格のあるホテルは、ホテル御三家の中においても飛び抜けていたように思います。海外からの解体中止を求める運動もあるなか、8月31日にその営業を終えました。

最終日に、我々もお別れを兼ねて訪ねてきました。
最終日とあって、カメラが何台も入り、名残を惜しむ人たちでいつもの静けさはなかったものの、静謐な空間の質は、さすがオークラでした。

新しい建物は谷口吉郎さんのご子息、谷口吉生さんの事務所が関わります。
谷口建築設計事務所が、きっと平成の名建築を創ってくれることでしょう。

カテゴリー: 日常

2015年09月4日

08
20
 暑気払い

お盆も過ぎて、少し過ごしやすくなってきましたが、ギルドデザインは、お盆前に暑気払いをいたしました。
ギルドの食事会は、ちょっと久しぶりになりますが、青山の「NELL’S KITCHEN」さんで多国籍料理とワインを楽しんできました。

ワインを楽しむといっても、ワインを飲んだのは二人だけで、しかも1杯だけ。ギルドは、早いお盆休みで休んでしまった菅原がいないと、ほんとにお酒を飲む人のいない事務所です。
みんな、乾杯の1杯の後は、ソフトドリンクへ。
その分は、食事を楽しませていただきました。

 

 

アルコールを得意としない代わりに、食事と締めは甘い物。
当然のように、デザートはしっかり。

 

暑気払いに青山まで出向いた理由は、食後の勉強会。
シアター・イメージフォーラムで上映中の「だれも知らない建築のはなし」の鑑賞会です。

若いスタッフにとっては、こんな時代の建物をどのくらい感じられるのか、ポストモダンやバブルの時代の空気感なんて理解できないかもしれないけど、大御所方のお話はとても意義深いこと。良い肥やしになってくれるといいのですが。

この日は、もう一つ勉強していました。
食事に出かける前に、お付き合いいただいてる工務店さん(木村良三工務店)のオープンハウスにお邪魔してきました。
クライアントがフランクロイドライトをお好きということで、真似るのではなくて、ライトのような空気感を望まれたのだそうです。レベルが高く丁寧な職人さんの仕事を楽しませていただきました。

カテゴリー: 日常

2015年08月20日

12
17
 枯れ葉の季節もおわりでしょうか。

うちでは、毎朝のワンコ散歩を僕が担当していて、ここのところ夜明け前の時間はとても寒くなってきました。

健康のために、ルパン(ワンコ)には、軽くジョギングにつきあってもらってるんですが、今朝は少し離れた林試の森公園まで出かけてみました。
林試の森公園は、元は名前の通り林野庁の林業試験場があったところで、都内でもまとまった森が残っている公園です。

大木も多く残っていて、夏でも朝方なら涼しくて、とてもさわやかなので、多くの人たちの憩いの場になっているとともに、たくさんのワンコたちも集まってきていて、ワンコ友達といっしょに遊べる場所になっています(リードは離せないんですけど)。

秋からこの時期は、落ち葉の季節です。
僕でさえ、落ち葉を踏みしめて歩くのは、なぜかうきうきしてくるのですが、うちのルパンも、落ち葉の中を散歩するのがとても好きで、何を探しているように落ち葉の間を嗅ぎ回り、ぐいぐいと僕を引っ張っていきます。

落ち葉の季節もそろそろ終わりです。手がかじかむ季節になりました。
寒い夜明け前からの散歩は、つらいと思うこともあるのですが、ルパンと走ることで  汗をかき、 ルパンが活発に楽しそうに動き回るのを見ていると、いい散歩だったなと思える朝散歩です。

12
8
 葉山でワンコ散歩

先週になりますが、建築見学を兼ねて葉山へうちのルパンを連れていってきました。

遠藤新設計の「加地邸」の公開ということで、フランクロイドライトの弟子であった新氏を通して、ライト的なものを楽しませていただいたのですが、葉山まで行くのならうちのルパンにも楽しい散歩をさせてあげられたらと、連れ出しました。

葉山の路地裏、住宅街を散歩して、ルパンも秋の季節を楽しんでくれた事ともいます。お行儀の用意ところをみせるために、森山神社の境内で、はいポーズ。

ワンコもいっしょに入れる海の見えるカフェで、少しのんびりしましたが、ルパンにとっては、もっと散歩したかったみたいで、ちょっとご不満のようす。

帰りには、横浜の実家によって、実家のガルフと久しぶりの対面。
でも、ガフル君はワンコ同士で遊ぶのが少し苦手で、 ルパンと絡み合わないのです。
ときどきそんなワンコもいますよね。

 

1 / 41234