04
18
 建築家31会のメンバーのオープンハウスへ行ってきました

先々週になってしまいますが、建築家31会仲間の建築家のオープンハウスにおじゃましてきました。
土曜日には、千葉県市川市で、前田敦設計工房さんの「スロープの家・CUBE」 で、愛犬家のための住宅です。
建物内の外周をスロープが周り、 階段を使わない住宅です。
犬にとって、階段は足腰を痛めかねない危険ポイントです。小型犬では登れない、怖くて降りられないことだったあります。
そんな犬たちが、自由に室内を移動できるようにと考えられたスロープ住宅です。


お散歩帰りの足洗いやシャワーのスペース、滑らないような床材の検討、雄犬が粗相しても大丈夫な壁の仕上げ、犬が落ち着く天井に低い居場所など、愛犬家のためポイント満載の住宅でした。


キッチンもワンコが入れないように。
飼っているのはラブらドールレトリバーだそうです。大型犬なので、しっかりと仕切りにしたそうです。
うちのルパンくん(ゴールデンレトリバー)は、ここまで頑丈でなくても大丈夫だと思いますが、ワンコたちも個性豊かなので、飼い主さんに相談しないといけないところですね。
日曜日は、鎌倉へ。
こちらは、佐賀・高橋設計事務所の「木立の中のいえ」。
 
鎌倉からバスで少し朝比奈切り通しの方へ向かった環境の良いエリア。細い道を山際に向かったところにできた住宅です。


路地の行き止まりで、通りからは、ちょっとわかりにくいところなのですが、店舗併用住宅です。
お店にお客さんが来てくれるのかと心配になるようなところですが、個性的な商品や販売方法が考えられているんでしょうね。鎌倉って面白です。


2階には、リビングダイニングやお子さんの寝室。
大きな部屋ではないのですが、ロフトへの階段や勾配天井の上昇感が、ゆったりとした雰囲気にしてくれています。
木製の格子の組まれたはめ殺し窓は、東京ではできない、とてもうらやましいデザイン。
デザインとともに選ばれている建材も、素朴に質感を大切にしてるようで、余分なものはなく、すっきりとさわやかにまとめられていました。
まさに木立の中にあるような清々しい住まいでした。
建築は、造ることも楽しいですが、見せていただくのもとても面白いです。
今回の2軒は、どちらも個性的で、クライアントや建築家の個性が反省されていて、興味深いだけでなく、勉強になる事が満載でした。

06
4
 完了検査

 

「アジアンテイストリフォーム」の現場が、先週完了検査を迎えました。
今週は、クライアントが帰国されてのお引き渡しです。
設計事務所検査の前には、建設会社側での検査を済ませていたので、そのリストを見せていただきながら、進めてきました。

これまでの現場打合せで、詳細を詰めてきているので、基本的には、仕上げ状態や建具、家具などの操作感、電気・設備類の稼働状況などの確認が、主な検査項目となります。
細かな傷や仕上げ忘れ、下地が見えてしまっているところなど、まあだいたいどの現場でも結構あるものです。
クライアントへの引き渡しまでに、調整が終われば良いわけですから、それだけであれば、難なく引き渡しできそうです。

今回の検査では、ダウンライト位置の間違いが見つかりました。
器具の取り付け位置については、すでに指示図面を渡してあったのですが、少し分かりにくかったのでしょうか。
天井は漆喰塗りの仕上げなので、開いた穴の塞ぎ、漆喰下地のクロス貼り、漆喰の塗り直しと工程がいくつかあります。しかも漆喰は、その場所だけの補修では済まず、つながる一面は全面塗り直さなければなりません。ちょっと大変そうです。
幸いなことに、電気屋さんは、工事が遅れていたために現場作業中で、早速手直しです。

よく見ないとわからないのですが、この格子戸にもガラスの入っていないところがあります。これは、ガラス屋さんが持ってくるだけですから、造作ない話ですが。
玄関の小上がり「飾りの間」には、畳が敷かれます。
今回の畳は、床を藁で作り、縁は、木綿で巻いています。
最近の新建材の畳床は固いのだそうですが、昔からの藁床は柔らかく沈みやすいのだそうです。
最近の化繊の縁ではなく、木綿の縁は擦れると音が出やすいのだそうです。
そんなことで、畳の擦れ音が気になっていたのですが、早速、畳屋さんが手直しに来てくれました。音の鳴る部分にロウをぬるだけでしたが。

完了検査ですから、すべての工事が終わり、清掃まで終えていないと、細かい傷などみつけられないわけですが、清掃はしたものの、建具屋さん、電気屋さんの工事途中での検査となってしまいました。
一週前の現場確認の時には、無事に検査が迎えられそうでしたが、昨今の状況から、職人さんの細かな手配がつきにくかったのでしょうか。残念です。
「アジアンテイストリフォーム」は、6月10日(土)にオープンハウスを行います。ご興味がある方は、ご連絡ください。案内をお送りします。
詳しくはこちらをごらんください。
「アジアンテイストリフォーム」オープンハウスのお知らせ

05
23
 オープンハウスのお知らせ

「アジアンテイストリフォーム」の現場が、そろそろ竣工引渡しを迎えます。
クライアントのご好意により、オープンハウスの機会をいただきました。
ご希望の方には、後日案内図をお送りさせていただきますので、ご住所、お名前、人数を明記の上、メールかファックスでご連絡ください。

 
「アジアンテイストリフォーム」は、現在東南アジアにお住いのクライアントが帰国された時の住まいとして、下町にある既存マンションをスケルトンリフォームした計画です。
キッチンを生活の中心に据えた、ワンルームのような住まいです。
クライアントがミャンマーで購入した長さ1.8mあるチーク板の透し彫や、日本の桐たんす、アジアの小物やお気に入りの絵画を、楽しむためのプランニングを提案しています。
マンションとはいえ、下町コミュニティのために、広い玄関土間と小上がりできる「飾りの間」が、来客をお迎えします。
 
日時:2017年6月10日(土) 13時〜17時
場所:東京都台東区
アクセス:千代田線千駄木駅より徒歩5分
*駐車場のご用意はありません。
申込:見学をご希望の方は、ギルド・デザインまでご連絡ください。
後日、詳しい案内をお送りします。
メール:iso@guild-design.com
電話:03-3375-3745  FAX:03-3375-3746
これまでの現場の様子は、こちらからご覧になれます。
「アジアンテイストリフォーム」
 


 

12
14
 オープンハウスのお知らせ

夏前から工事にかかっていた築46年とる木造2階建のスケルトンリフォームの住宅が竣工を迎えました。
クライアントのご好意により、この度「茶の間のある家_リフォーム」の内覧会を開催する運びとなりました。

解体をする事であらわとなった基礎の問題、土台や柱の痛み、給排水ガスの配管問題などなど幾多の難題は、工務店さんの力添えに感謝です。
手を伸ばすとお隣の壁に手が届きそうな路地奥の狭小敷地環境のなか、
耐震化による構造補強、高気密高断熱化、無垢フローリングや漆喰塗装の自然素材、オーダーによるミニマムキッチン、小さなお子さん二人と住まう小さな住宅は、見えるところ見えないところで、いっぱい手をかけた、家族みんながほっこりできる住まいになったと思います。
内覧会は、
12月18日(日) 13時から17時まで
場所は、東京都文京区です。
ご興味のある方は、ご連絡ください。
メール iso@guild-design.com
お電話 03-3375-3745
詳しい案内をお送りします。
建築概要
設計・監理;ギルドデザイン一級建築士事務所
施工   ;若尾工務店
構造・規模;木造2階建
敷地面積 ;49.69平米(15.0坪)
建築面積 ;36.35平米(11坪)
延床面積 ;65.83平米(19.9坪)
工事の様子などはこちらのブログからご覧になれます。
「茶の間のある家_リフォーム」

12
4
 オープンハウスのお知らせ

この度、ギルドデザインが豊島区駒込で設計監理してまいりました二世帯住宅が、竣工を迎え、クライアントのご厚意により、オープンハウスを開催することとなりました。
ご都合のよろしい方は、ぜひご参加ください。みなさんのご批評を楽しみにしています。
ご興味のある方は、電話またはメールにて、担当高岡まで、ご連絡ください。
詳しい案内をお送りします。
mail  ;  takaoka@guild-design.com
日時:12月11日(金)、12日(土) ともに13時〜17時
最寄駅:山手線駒込駅より徒歩5分程度
建築概要
構造規模  木造3階建
建築面積 56.19m2(16.96坪)
延床面積 153.17m2(46.24坪)

04
18
 オープンハウスのお知らせ

ハワイアンリゾートをデザインテーマとした住宅、「鰭ケ崎の家」がそろそろ竣工をむかえます。
お引渡しに先立って、クライアントのご好意によってオープンハウスを開催させていただくこととなりました。
4月25日(土) 12時〜17時
千葉県流山市です。
都内からは少し離れますが、ご都合がよろしければぜひおいでください。
ご連絡いただければ、くわしい案内をお送りいたします。
ホームページの contact または下記メールアドレスよりお願いします。
ご連絡先:mail@guild-design.com
鰭ケ崎の家」の現場の様子はこちらから
http://www.guild-design.com/category/仕事/鰭ケ崎の家/ 

 

08
31
 オープンハウスへたくさんのご参加、ありがとうございました。

「父娘で暮らす大屋根の家」でのオープンハウスへ、とてもたくさんの方においでいただき、たいへんありがとうございました。
せっかくおいでいただきましたのに、皆さんにちゃんとご説明もできずに申し訳ありませんでした。
皆さまからいただいたお褒めの言葉、厳しい指摘、さまざまなアイデア、こらからの励みとなる多くのことを伺うことができました。

 
室内はともかく、玄関土間、ポーチ、バルコニー手摺、塀、植栽と、まだまだ姿も見えないような状態でのオープンハウスでした。もうしわけありませんでした。まだまだ、職人さん手配は大変なようです。
しかも、この日が前面道路のセットバックの工事と重なるとは。
玄関から入るにも入れないような時間帯もあって、ご迷惑をおかけしました。

ありがとうございました。
 

08
22
 オープンハウスのおしらせ

「父娘で暮らす大屋根の家」の現場がそろそろ竣工を迎えます。
クライアントのご好意によりオープンハウスを開催することとなりました。
おからだを悪くされたお父様と生計を支える娘さんの生活を、介護の仕方、生活時間のずれの問題などを打合を通して検証しながらまとめていった住宅です。
吹抜、トップライト、中庭、デッキテラス、木製サッシ、アイランドキッチン、
パントリー、畳スペース、ドイツ漆喰、無垢フローリング、防火地域、自立介護、
高気密高断熱、障子、ロングカウンターなどがキーワードとなる住宅です。
8月30日(土) 13時から17時まで
文京区の椿山荘の近くです。
ご興味のある方は、ぜひご一報ください。詳しい案内をお送りします。
これまでの「父娘で暮らす大屋根の家」の現場の様子はこちらからご覧ください。
http://www.guild-design.com/category/仕事/musume_to_chichi-no-ie/
 

03
25
 ご近所のオープンハウスへお邪魔してきました。

自宅の近所で、建築家31会のメンバーであるアーキプレイスさんがオープンハウスを開催されていましたので、先週の葉山につづき、うちの奥さんといっしょにお邪魔してきました。

大きくカットされた屋根のバルコニーから、向こう側の空が覗くシルエットと、外壁のガルバリウム鋼板の立て平葺きの曲げ方が、特徴的な外観です。

吹抜の大きなリビングと視線の気にならない高窓。
右側にはスキップで半階あがった書斎が隠れています。

2階になるLDK
階段室をうまく使ったスキップフロア空間になっています。
階段の奥が書斎(?)、もしくはお子さんたちの勉強コーナーかな。

3階の子供部屋から半階あがるとバルコニーに出られます。
屋根が三角に切り取られた様子がくっきりと。外部からだけでなく、室内からもなかなかイサギいい感じのカットで、気持いいシーンです。
3階の子供部屋は、将来二つに仕切れるようになっていました。

バルコニー。
完全オープンではなく、少し隠れた感じがなかなかいいです。
洗濯物干の金物は、オーダーでつくったステンレス製でした。
メインな場所だけでなく、キッチン、洗面所、浴室にも、ちょっとずつ初めて見るものがあったりして、勉強になります。
いつも丁寧なアーキプレイスさんらしいお宅でした。
 
 

02
24
 オープンハウスにお邪魔してきました

ギルドデザインが参加している「建築家31人の会」のメンバーでもある菰田建築設計事務所さんのオープンハウスに、お邪魔してきました。

31会では年に何度も模型展、建築相談会を開催していますから、菰田さんの模型をご覧になった方も多いと思います。
模型からは、いつもさわやかな住宅という印象をうけていたのですが、実物もそのとおり、とてもさわやかな建築でした。
2階がリビング、ダイニング、キッチンのメインスペース。
吹抜けた勾配天井と大きなハイサイドライトが、とても気持いいスペースです。
スノコ状の床は、1階の土間部分とつなげるための仕掛けです。
コーナーにはゲストのための畳スペースがあります。



コーナーの窓は連窓によるFIXと突き出し。
僕としては、コーナーに連窓方立が入ることがを嫌って、こういう造り方をしたことはなかったのですが、出隅の柱が抜けたことで、けっこう不思議な雰囲気で、抜け感は十分出ています。都内では、かなりのエリアで、もうこれもできないんですけどね。
1階は、写真左が主寝室、右の床の貼られたオープンな部屋が子供部屋。
土間部分が、自転車いじりのためのご主人の趣味のスペースだそうです。
土間室の天井は、スチールブレースで剛性を持たせたスノコ状の光の落ちる天井で、2階のリビングダイニングとの、見え隠れ具合がちょうど良い具合です。

たくさん楽しみ、勉強させてもらいました。
菰田さん、ありがとうございました。

10
24
 オープンハウスご来場ありがとうございました。


おかげさまをもちまして、さる10月19日に無事「中庭のある小さな平屋」オープンハウスを盛況のうちに開催する事ができました。お施主様はじめ、ご来場いただいた皆様、関係者各位に御礼申し上げます。皆さん同じようにシンプルで気持ちのよい家だとおっしゃっていただきました。

 

ポールセンのペンダントライトも一輪挿しの花のようにいいアクセントになってます。空間がシマりました!
早速、お施主様ご購入のハンモックを掛けていただきました。外部の目を気にせず外の空間を満喫できるって贅沢ですね。
来場のお子さんたちが、まずのらせていただきました。



オープンハウスも終わり、慌ただしく夜の写真を撮らせていただきました。
竣工写真を撮らせていただくのは、もう少し先になります。




 
外観夕景も灯りの漏れ具合がなかなかいい雰囲気です。夜帰ってくるとほっとしそうです。

台風の直撃など工程スケジュールの最後の最後までドキドキする場面はありましたが、施工の和光建設さんのがんばりで外構のコンクリート打ちも完成し、中庭の排水がうまく機能してくれていた事も逆に確認できました。施工関係の皆様にも大変お世話になりました。ありがとうございました。
 

10
11
 オープンハウスのお知らせ

埼玉県新座市で設計監理をしてきました「中庭のある小さな平屋」の現場がそろそろ竣工を迎えます。
クライアントのご厚意により、このたびオープンハウスを催せることとなりました。
延床面積が72.2m2(21.8坪)のかわいらしい住宅ですが、冬の太陽高度を考えながら、中庭を通してリビングダイニングに陽射しが入るようにプランニングした高気密高断熱の住宅です。
10月19日の午後1時から現地におりますので、ご都合がよろしければぜひおいで下さい。
ご連絡をいただければ、詳しい住所をお送りします。

 

1 / 212